福島の復興を祈願!

明けましておめでとうございます。

今年こそ、本来の復興に向けて大きく進んでほしいです。


「支援物資」


箕面市        前田様  スーパーワイド2箱
渋谷区        中山様  ドッグフード
横浜市南区     水上様  キャットフード、毛布
倉敷市        中村様  いなばペットフードレトルト
別府市        笠村様  いなばペットフードレトルト
渋谷区        真木様  子犬用ドッグフード
大阪市        和久様  ビニール手袋、マスク、イソジン


amazonよりお名前の記載のない方

           ペットシーツスーパーワイド
           キャットフード
           毛布


皆様の温かいメッセージが励みになります
ありがとうございます


当会より     犬おやつ
          ペットシーツスーパーワイド 
          子犬用ドッグフード



「支援金」


マツモト様
キタヤマ様
モリワキ様

そして「311レスキュー日誌」に
NPO法人青年協議会様より
毎月支援を受けることになりました



== 辛かった12月 ==


a0288473_2229581.jpg



先月末にポーラーちゃん(かえでちゃんのおかあさん)の

出産が始まったとの連絡があって

無事に生まれることを願っていたのですが

死産2頭、1日しか生きることができなかった1頭

その後、具合が悪くなったポーラーちゃん

が病院から帰ってまもなくおやじさんの家で亡くなってしまった


震災後にかえでちゃん兄弟に続き2度目の出産と

食事もままならない中、母体にどれだけの負担が

かかったかと思うとかわいそうで


やっとおやじさんが保護できて

毎日電話でおとなしくてなつっこくてかわいいと

言っていたポーラーちゃん


先住保護犬ともすぐ仲良しになって

これからは幸せに暮らしていけると

思った矢先の不幸で

一番辛かったのはおやじさんだけど

私も本当に悔しかった

悔し涙しか出ず電話の向こうのおやじさんは無言で

震える声がかすかに聞こえるだけ

二度とこんな悲しいことが

起こってほしくない!


a0288473_2228467.jpg



残る茶色ちゃん もどんどんやつれていくようで

昨年中に保護してやりたいと

おやじさんが何度もトライしたけど

捕獲器に入らず給餌を続けている日々です

大晦日も正月もない保護活動に頭がさがります


どんなに辛い事があっても

警戒区域に残っている犬猫たちを1頭でも

保護する為に頑張ってくれてます

そして、年末から新たな活動が始まっています



 「お願い」 


被災地にお住まいの皆様へ
警戒区域の被災ペットについての要請書署名提出のお願い

ぜひお願いです


--- 主な内容 ---

このたび、「復興をめざす住民の会」(代表・佐藤巳幸)は
環境省と福島県に対して東京電力原発事故警戒区域に
残っているペットの救出を改めてお願いします

「ペットを助け出してほしい」
「きちんとした給餌給水をお願いしたい」
「飼い主が責任を持てない状態での繁殖を防いでほしい」

などの思いを今こそ環境省と福島県に送りませんか

また合わせて

私たちが委託する福島県内に動物保護施設を有するなどして
信頼できる民間団体に、飼い主の同行を必要としない立入許可を与えて下さい

信頼のおける団体が、行政の理解のもとに、十分な時間の余裕を持って
活動していくならば、慌ただしく置かれた餌が野生動物を引き寄せ
家屋を荒らすなどの被害も防げます


尚、要請書、及び委任状(LYSTA、ねこさま王国)は
FAXなど仮設にお住まいの方など受け取り方法を
ご相談の上に送らせていただきますので
ご連絡をお願い致します


お問い合わせ先:TEL 080-5732-0377(着信専用)鈴木
[PR]

by 311kouhoushien | 2013-01-02 22:39